メニュー

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズとは

白内障手術の時には、濁った水晶体を取り除いた後に眼内レンズを挿入しますが、眼内レンズの種類によって術後の見え方は大きく異なります。単焦点眼内レンズは1か所にピントがあうレンズになるので、見たい距離に応じて眼鏡の装用が必要となります。一方で、多焦点眼内レンズは複数の箇所にピントがあうように設計をされているため、日常の多くの場面を裸眼で過ごすことができようになります。
この記事では、多焦点のメリットやデメリット、レンズの種類について当院で取り扱っているレンズを中心に解説します。
 

多焦点眼内レンズのメリット

多焦点眼内レンズの最大のメリットは、近くも遠くにもピントが合わせられるので、眼鏡の手間から解放されて裸眼での快適な生活を目指すことができる点です。レンズの種類によって、ピントが合う距離や見え方が異なるため、ご自身の生活スタイルによって適切なレンズを選ぶことが大切となります。
若い頃から遠くが裸眼でよく見えていた方は、年齢とともに老眼鏡や遠近両用眼鏡が必要となることが多いですが、多焦点眼内レンズを使用することで、老眼鏡や遠近両用眼鏡の使用頻度を大きく減らすことができるようになります。
若い頃から近視の方は、常に眼鏡やコンタクトレンズと共に生活を送られているかと思いますが、多焦点眼内レンズを使用することで、裸眼で手元だけではなく遠くも見ることができるようになります。
 

多焦点眼内レンズのデメリット

単焦点眼内レンズ目の中に入ってきた光を一点に集める構造のために、ピントの合う1か所については鮮明な見え方を実現することができています。一方で、多焦点眼内レンズでは目の中に入ってきた光を複数のピントが合う箇所に割り振るために、それぞれのピントが合う距離において見え方の鮮明さが低下します(コントラスト感度の低下)。
また、複数の箇所に光を割り振れるようにレンズの構造が複雑になっているため、光の周辺部に輪がかかって見える症状(ハロー)や、夜間に強い光を見た時に光がにじんだりぎらついたりする症状(グレア)などの症状を認めます。
レンズの種類によって、コントラスト感度の低下・ハロー・グレアの程度は異なります。
多焦点眼内レンズはその複雑かつ繊細な構造のために、白内障以外に網膜や視神経の病気がある場合には、術後に十分な視機能が得られない場合があります。一部の多焦点眼内レンズについては、網膜や視神経の病気があっても使用できるものがありますが、手術前に十分検査を行なって適応について確認することが重要です。
 

多焦点眼内レンズの種類

多焦点眼内レンズには非常に多くの種類があり、レンズの種類によってピントの合う距離や見え方の質が異なります。ここでは、当院で取り扱っている多焦点眼内レンズをご紹介します。
術後によりよい見え方で生活をするためには、生活スタイルや手術前の目の状態によって適切なレンズを選択することが重要になります。当院では医師だけではなく、スタッフも多焦点眼内レンズについて深く精通しておりますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。
回折型と焦点深度拡張型
多焦点眼内レンズはそのレンズの構造から、大きく回折型焦点深度拡張型(EDOF)型に分けられます。
回折型のレンズでは、レンズの中に回折格子とよばれる小さな段差が作られており、この段差を通過した光は複数の焦点距離に分割されるので、遠方・中間距離・近方がそれぞれ見えるようになります。光を複数の距離に割り振るので、手元までよく見えるメリットがありますが、ハローやグレアが生じやすいというデメリットがあります。
焦点深度拡張型(EDOF)型のレンズでは、レンズの表面形状を工夫することで焦点深度を拡張し、遠方から中間までの距離を連続的に綺麗に見えるようにしています。回折型のレンズと異なり光を割り振ることがないので、ハローやグレアを生じにくいのがメリットですが、手元の見え方が劣る点がデメリットです。
 

選定療養の多焦点眼内レンズ

国内で承認されている多焦点眼内レンズは選定療養の対象となり、手術費用は保険診療でまかなわれますが、多焦点眼内レンズ代金や多焦点眼内レンズ挿入に必要な追加検査費用については全額自己負担となります。
 
当院で取り扱っているレンズの一覧は下記のとおりです。
1.テクニスシナジー (TECNIS Synergy)
2.クラレオンパンオプティクス (Clareon PanOptix)
3.クラレオンビビティ (Clareon Vivity)
4.ファインビジョンHP (FINEVISION HP) 
 
テクニスシナジー (TECNIS Synergy)
Johnson & Johnson社が開発した最新のハイブリッド型多焦点眼内レンズで、従来の2焦点眼内レンズ(テクニスマルチフォーカル)と焦点深度拡張型(EDOF)レンズ(テクニスシンフォニー)のメリットを組み合わせた連続焦点型レンズです。高いコントラスト感度を維持しながら、約35cmから遠方までの連続的にピントが合うことが特徴です。乱視矯正にも対応可能です。デメリットは、特定の状況下でハロー・グレアが出やすい点です。
 
クラレオンパンオプティクス (Clareon PanOptix)
Alcon社が開発した3焦点の回折型多焦点眼内レンズで、遠方、中間(60cm)、近方(40cm)の3か所にピントが合う3焦点レンズです。幅広い距離をカバーしており、日常生活の多くを裸眼で過ごすことが可能です。ハロー・グレアやコントラスト感度の低下はみられるものの軽減されています。乱視矯正にも対応可能です。デメリットは、手元30cm程度の視力がやや劣る点です。
 
クラレオンビビティ (Clareon Vivity)
Alcon社が開発した非回折型(波面制御型)の焦点深度拡張型(EDOF)レンズです。遠方から中間までの距離に連続的にピントがあい、コントラス感度の低下が抑えられ単焦点眼内レンズに近い自然な見え方が可能です。ハロー・グレアが極めて少ないのも特徴です。デメリットとしては、手元の30-40cmがやや見えにくいために、手元の細かい作業をする際には老眼鏡が必要になる可能性があることです。乱視矯正モデルがない(2024年7月時点)ために、強い乱視がある方でも適応になりません。
黄斑前膜や加齢黄斑変性などの黄斑疾患や緑内障などの視神経疾患がある場合には、一般的に多焦点眼内レンズは使用できませんが、EDOFレンズであれば医師の判断によって使用できる場合があります。
 

自費診療の多焦点眼内レンズ

国内で未承認の多焦点眼内レンズについては自費診療となるため、手術費用・多焦点レンズ代金・多焦点眼内レンズ挿入に必要な追加検査費用の全てが自己負担となります。
 
当院で取り扱っているレンズの一覧は下記のとおりです。
1.インテンシティ(Intensity)
2.ミニウェル  (MiniWELL)
3.エボルブ (EVOLVE)
 
インテンシティ(Intensity)
イスラエルのHanita Lenses社が開発した5焦点の回折型多焦点眼内レンズで、3焦点レンズよりもさらにピントが合う箇所が増えています。3焦点眼内レンズが得意とする遠・中・近のピントに加えて、「遠方から中間」「中間から近方」の距離にも対応しており、より自然な見え方が期待できます。従来の回折型2焦点や3焦点眼内レンズよりも光の利用効率が高められおり、コントラスト感度も優れています。レンズ構造の工夫により、ハロー・グレアも軽減されています。乱視矯正にも対応可能です。
 
ミニウェル  (MiniWELL)
イタリアのSIFI MedTech社が開発した焦点深度拡張型(EDOF)レンズです。ハロー・グレアが少ないことが特徴で、回折型多焦点眼内レンズにみられるような光学的エネルギーの損失が極めて少ないため、コントラストも良好です。
Mini WELLには、近方40-45cmまでが見えやすいMini WELL Ready(ミニウェル レディ)と、近方30-35cmまでが見えやすいMini WELL PROXA(ミニウェル プロクサ)の2種類のレンズがあります。左右の目にこの異なるレンズをそれぞれ挿入するWell FUSION™という方法を用いることで、両眼が苦手な部分を補い合って近方から遠方まで自然な見え方となります。デメリットは、PROXAには乱視矯正モデルがない点です。
 
エボルブ (EVOLVE)
イタリアのSOLEKO社が開発した焦点深度拡張型(EDOF)レンズです。最大の特徴は、選択可能なレンズ度数の幅が非常に広く、強度近視の方にも対応しているという点です。多くのレンズではレンズの制作範囲というものがあり、強度近視の方では適切な度数のレンズがないことがあります。しかし、EVOLVEは非常に広い制作範囲に対応しているため、強度近視の方でも多焦点眼内レンズを選択できるようになっています。また、乱視矯正については完全にオーダーメイドで1度刻みでオーダーをすることができます。
他の焦点深度拡張型(EDOF)レンズと同様に、ハロー・グレアが少ない点がメリットですが、手元の30-40cmがやや見えにくいことがデメリットです。
 

術前検査と手術日

使用する眼内レンズの度数を決めるにあたっては術前検査が必要となります。術前検査で測定した角膜屈折力や眼軸長のデータをもとに、使用するレンズの度数を決定します。
選定療養の対象となる「TECNIS Synergy、Clareon PanOptix、Clareon Vivity、FINEVISION HP」については、日本国内に豊富なレンズの在庫があるため、術前検査を行なった日から数日以降であればいつでも手術を行うことが可能です。
一方で、自費診療の対象となる国内未承認の多焦点眼内レンズ「Intensity、MiniWELL、EVOLVE」については、海外からの輸入となるため、術前検査を行なった日から手術日までは1ヶ月前後の時間が必要となります。これらの輸入が必要なレンズでの手術を希望される場合には、手術日程に余裕を持って準備を進めることが必要となります。
 

関連記事

 
 
 
 

記事監修 眼科医  渡辺 貴士

日本眼科学会認定 眼科専門医
東京医科歯科大学眼科 非常勤講師

大学病院や数々の基幹病院において第一線で多数の手術を行ってきました。特に白内障手術と網膜硝子体手術を得意としています。現在も東京医科歯科大学の非常勤講師を兼任しており、大学病院での手術指導および執刀を続けています。

▶︎医師紹介

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME