メニュー

強度近視(病的近視)

一般的な眼球は直径24mm程度の球形をしていますが、眼球の前後方向の長さ(眼軸長)が異常に伸びた状態を強度近視といいます。近視の度数で-6.0Dを超えている場合や、眼軸長が26.5mm以上の場合に強度近視に該当します。
ある程度までの近視であれば、眼鏡やコンタクトの装用により視力は保たれます。しかし、強度近視の進行により眼球が前後に大きく引き伸ばされると、眼球の後方の組織(網膜や視神経)が引き伸ばされることで様々な病気を生じ、視機能が低下します。この状態を病的近視と呼びます。
 
 
 
強度近視に伴う眼の合併症については下記のものがあります。
1)近視性牽引黄斑症:網膜が引き伸ばされて、網膜が裂けた状態です。徐々に視力が低下します。
2)近視性脈絡膜新生血管:網膜内に異常な血管が侵入して、黄斑部に出血を生じた状態です。急激な視力低下となります。
3)近視性視神経症:視神経や視神経線維が引き伸ばされた状態で、徐々に視野障害を呈します。
 

1)近視性牽引黄斑症

眼球が前後方向に伸びる際に、網膜も引き伸ばされて、徐々に網膜の層が裂けていきます(網膜分離)。初期の網膜分離の段階では、見え方の自覚症状は気にならない程度のことが多いです。
しかし、網膜分離が進行するにつれて、視力低下が進行します。さらに、最終的に網膜剥離(網膜が剥がれた状態)や黄斑円孔(網膜の中心部に穴があいた状態)などの重篤な状態に至ると見え方は悪化し、早期の硝子体手術が必要となります。
手術を行なっても視力は元通りに戻るわけではないので、初期の近視性牽引黄斑症の場合には定期的な経過観察を行いながら、適切な時期に手術を受けることが重要となります。
 
 
上記は網膜の断面図を見る検査(OCT)ですが、近視性牽引黄斑症が①→②→③のような形で進んでいきます。①では、黄斑の周辺部で網膜分離が認められますが、黄斑の中心部の構造は比較的保たれています。②では、網膜分離が進行し、網膜がかなり引き伸ばされている上に、部分的に網膜剥離の所見も認めます。③では、さらに網膜の中心部に穴があく黄斑円孔も合併しています。③の状態を黄斑円孔網膜剥離といい、手術も非常に難しく、手術が無事に終わっても視力の回復は限定的になります。

2)近視性脈絡膜新生血管

眼球が引き伸ばされる時に、網膜と脈絡膜の間を隔てているブルッフ膜という膜に亀裂が生じ、この亀裂を通して脈絡膜からの異常な血管(新生血管)が網膜内に侵入して出血を起こした状態です。急激な視力の低下やゆがんで見えるなどの症状を自覚します。

治療は、抗VEGF薬と呼ばれる薬を眼内に注射します。抗VEGF薬の硝子体内注射により、新生血管の勢いを抑えることができます。1回の注射で病態の改善が得られることが多いものの、再発を繰り返した場合には複数回の注射が必要となります。

3)近視性視神経症

眼球が前後方向に伸びる際に、視神経や視神経線維が引き伸ばされて障害されることにより、視野が欠けてしまった状態です。治療は、緑内障(視神経が障害されることで視野が欠ける病気)と同様に、点眼薬にて眼圧を下げる方法となります。眼圧を下げることで視神経にかかる負担を減らすことができ、視野が欠けていく速度を緩和することができます。
一度欠けてしまった視野は元に戻ることはないので、強度近視の方では定期的な視野検査を行い、早い段階で治療を開始することが重要となります。
 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME