メニュー

眼瞼下垂

上まぶたが下がってきて、光の通り道である瞳孔を覆うようになると、意識的に目を開くようにしないと見えにくくなってしまいます。
加齢性の変化によって、上まぶたを挙げる筋肉が弱ってしまうことが原因のことが多いですが、ハードコンタクトレンズの長期使用、動眼神経麻痺、重症筋無力症などの様々な原因によって生じます。
眼瞼下垂では、一生懸命に目を開こうとするため、目が疲れたり、おでこにシワが寄ったりします。また、顎を上げて物を見ようとするために、肩こり、首こりなどの症状も伴うことがあります。
上まぶたを挙上するのに必要な筋肉(上眼瞼挙筋やミュラー筋)が弱っているので、それらの筋肉の位置を修正し、上まぶたの挙上量を改善させる手術を行います。

 
当院では保険診療での手術になるため機能的な面での改善(視界を遮っていた上眼瞼の位置を上げることで見えやすくする)が目的となります。整容面での改善(見え方は困っていないが、もう少し上眼瞼の位置を上げたり、二重瞼を作りたいなど)をご希望される方は、自由診療で眼瞼下垂の手術を行っている医療機関への受診をご検討下さい。
 

眼瞼皮膚弛緩

眼瞼下垂のようにみえる状態ですが、上まぶたの挙上は問題なく、上まぶたの表面の皮膚が余って垂れ下がっている状態です。垂れ下がった皮膚が瞳孔を覆うようになり、見え方が悪くなった場合には手術が必要となります。
上まぶたの表面の皮膚が余っているので、余剰な皮膚を十分に切除して、傷口を縫合する手術を行うことで見え方の改善を図ります。
眼瞼下垂の要素もある場合には、術後に改めて眼瞼下垂の手術が必要になる場合もあります。
 
当院では保険診療での手術になるため機能的な面での改善(視界を遮っていた余剰な皮膚を取り除くこと)が目的となります。整容面での改善(見え方は困っていないが皮膚のたるみを取り除きたいなど)をご希望される方は、自由診療で手術を行っている医療機関への受診をご検討下さい。
 
 
 
 
 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME