メニュー

硝子体黄斑牽引症候群

硝子体黄斑牽引症候群とは

目の大部分を占めるゼリー状の組織である硝子体は網膜と接着していますが、加齢に伴って硝子体は液化しながら網膜から剥がれるような変化が起こります。この硝子体が網膜から剥がれる変化を後部硝子体剥離といい、網膜からスムーズに剥がれれば問題は生じないのですが、網膜との癒着が強いために網膜を引っ張るような力が働くことで様々な病態を生じます。
網膜の中心部である黄斑は、硝子体と網膜の癒着が強い場所の1つであり、硝子体が網膜を牽引することで黄斑部の構造が乱れてしまう状態を硝子体黄斑牽引症候群といいます。
目の機能で最も重要である黄斑部の形が変形するために、視力の低下や、ゆがんでみえるなどの症状があります。
 

検査所見

硝子体黄斑牽引症候群は、網膜の断面図をみるOCT検査によって診断をおこないます。
 
正常な黄斑は中心部が凹んだ形をしていますが、硝子体黄斑牽引症候群では硝子体の一部(黄色矢印)が黄斑の中心部において網膜と強く癒着し牽引する(赤矢印)ため、黄斑が上に吊り上げられるように変形しています。
 
 
網膜の牽引は徐々に進行します。下記の写真では初診時に硝子体黄斑牽引症候群によって網膜が吊り上げられる変化があります。3ヶ月後には牽引の進行により、網膜が浮き上がるような変化(赤矢印)を生じています。
 

症例写真

硝子体黄斑牽引症候群は、程度によって様々な状態を示します。ここではその一例をご紹介します。
 
1)硝子体による網膜の牽引が進行すると、網膜の層構造が裂ける網膜分離が生じます(黄色矢印)。
2)硝子体による網膜の牽引が中心部の黄斑(黄色矢印)だけではなく、周辺部の網膜(赤矢印)にも生じています。
 

治療

硝子体黄斑牽引症候群は、後部硝子体剥離が進行して硝子体と網膜の癒着が自然に解除されることで、自然に治癒することもあります。しかし、一般的には硝子体と網膜の癒着が強いことが多く、一度生じた歪んで見える症状は完全に消失することはないため、視機能の悪化や網膜の形が大きく変形した場合には手術を行う必要があります。
 
手術は硝子体手術で、眼内の硝子体を除去することで硝子体と網膜の癒着を完全に解除します。当院は日帰り硝子体手術を行っているため、日帰りで治療可能です。白内障手術が済んでいない場合には、硝子体手術の際に白内障も同時に治療することが多く、合計の所要時間は15-20分程度です。

▶︎硝子体手術について

 

手術費用

硝子体黄斑牽引症候群に対する硝子体手術は保険適用となるため、患者様のご年齢や収入によって費用の負担が変わります。また、白内障手術を同時に行う場合にも費用の負担が変わります。

片眼あたりの費用の概算は下記のとおりで、金額には手術代金とその他にかかる費用を含んでいます。

上記の表で上限と記載されている金額は、高額療養費制度による自己負担限度額に達する場合となります。
高額療養費制度とは、医療費の負担が高額になった場合に1か月あたりの医療費の支払い金額の上限を定めている制度で、限度額を上回った金額が払い戻しされます。高額療養費制度の詳細については下記をご参照ください。

記事監修 眼科医  渡辺 貴士

日本眼科学会認定 眼科専門医
東京医科歯科大学眼科 非常勤講師

大学病院や数々の基幹病院において第一線で多数の手術を行ってきました。特に白内障手術と網膜硝子体手術を得意としています。現在も東京医科歯科大学の非常勤講師を兼任しており、大学病院での手術指導および執刀を続けています。

▶︎医師紹介

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME