メニュー

翼状片

通常は角膜(黒目)と結膜(白目)の境界はしっかり分かれていますが、結膜下の組織が異常に増殖して角膜と結膜の境界線を乗り越えて、角膜内に侵入してくる病気です。鼻側角膜に生じやすいです。原因は不明ですが、紫外線との関連性が指摘されています。

軽度の翼状片であれば、見た目(整容面)の変化があるだけで、視力などには影響はないので、特に治療の必要はありません。しかし、次の項目に挙げたような自覚症状がある場合には手術によって翼状片を取り除くことが必要となります。

 

典型的な翼状片の手術前後の写真です

結膜から血管を伴った異常な増殖組織が角膜の方まで侵入しています。手術後には、わずかに角膜に混濁は残っているものの、増殖組織は綺麗になくなっています。

 

自覚症状

①視力低下

翼状片組織が瞳孔の中心(光の通り道)まで侵入すると、見え方が悪くなってしまうため手術が必要となります。そして、手術により翼状片を取り除くことができても、翼状片が存在していた部分の角膜には混濁が残ってしまうため、眼の中心近くに至る前に手術をすることが勧められます。また、眼の中心近くまで翼状片が侵入していなくても、翼状片が角膜の形状を歪めてしまう(角膜乱視が強くなる)場合にも視力低下の自覚があるので手術適応となります。

②異物感、刺激感

翼状片により眼の表面が不整になるため、涙のバランスが悪くなり異物感を感じることがあります。炎症を伴う充血が生じた際には、異物感がますこともあります。

 

治療について

基本的に手術により、翼状片の組織を除去します。手術は点眼麻酔(目薬の麻酔)と結膜下麻酔(結膜の下に麻酔薬を注射)によって行います。

異常な翼状片の組織を、その周辺の正常な結膜の組織も一部含めて切除を行い、翼状片切除により開いてしまった傷口を縫い合わせて終了となります。巨大な翼状片のために、正常な結膜の欠損が大きくなってしまった場合には、正常な他の結膜から結膜を一部移植することもあります。

 

<翼状片術後の合併症>

・再発:翼状片は術後の再発が多いことが知られており、問題なく手術が行われていても再発することがあります。当院では、なるべく再発しない方法での手術を心掛けています。

・視機能低下:翼状片組織を取り除いても、角膜には混濁が残ってしまったり、角膜が歪んだままとなってしまうことで、見え方に多少の違和感が残存してしまう可能性もあります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME