メニュー

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、花粉やハウスダストなどに対して過剰な免疫反応が生じることで起こる結膜炎です。眼のかゆみの症状が強く、充血や眼脂(めやに)などの症状が伴います。
免疫反応の原因となる物質のことをアレルゲンと呼び、花粉やハウスダスト以外にも、ダニ、ほこりなどの様々なものが原因となります。自分が何に対するアレルギーを持っているかは、血液検査によって調べることができます。日常生活において原因物質との接触を減らすことで症状を緩和することができます。
抗アレルギー薬による点眼治療が大切です。症状が強い場合には、ステロイド点眼による治療も必要になるケースがあります。
 
<当院で行えるアレルギー検査>
「写真」
 
 

アレルギー性結膜炎の類縁疾患

 
巨大乳頭結膜炎
コンタクトレンズによる機械的な刺激により、上眼瞼の裏側に巨大な乳頭性の増殖変化を認める状態です。初期は自覚症状がありませんが、病状の悪化に伴いコンタクトレンズがズレる、眼の違和感が強い、眼脂が多くなるなどの症状が出現します。
コンタクトレンズの装用を中止した上で、アレルギー性結膜炎と同様の治療を行います。2週間や1ヶ月で交換するタイプのコンタクトレンズで発症を繰り返す場合には、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズに変更して、毎日清潔なコンタクトレンズを使用することで発症を予防することができます。
 
 
春季カタル
小学生頃の男児に多い病気です。上眼瞼の裏側や結膜(白目)の部分に乳頭性の増殖変化を認める状態です。激しい掻痒感、異物感の症状があります。隆起性の病変により角膜が障害されると、眼痛も伴います。アレルギー性結膜炎と同様の治療だけでは治りにくいことが多く、免疫抑制剤の点眼治療が必要になる場合もあります。
 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME