メニュー

眼瞼腫瘍(良性腫瘍)

眼瞼(まぶた)にできる腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍がありますが、ここでは良性腫瘍について紹介します。良性腫瘍の多くは、放置しておいても特に問題はありません。
しかし、良性腫瘍と悪性腫瘍は見た目だけは完全に区別することはできず、良性腫瘍に見えても年々大きくなってくるような場合には切除摘出を行なって病理検査(取り出した組織を顕微鏡で観察して、腫瘍が良性か悪性かを判断する)を行うことが勧められます。
また、良性腫瘍であったとしても、見た目(整容面)が気になる場合にも切除摘出を行うことが可能です。良性の眼瞼腫瘍として頻度が多いものは、「母斑、脂漏性角化症、乳頭腫」などがあります。
 

1)母斑

一般的には「ほくろ」や「黒あざ」と呼ばれる良性腫瘍で、どの年代においても発症し、長い経過で少しずつ大きくなります。表皮の深部から真皮内において、母斑細胞とよばれる細胞が増殖することで生じます。色合いは黒色が強いものから、黒色調が淡いものまで様々です。
下記の症例では、切除後に皮膚の深い層の色素沈着は淡く残っていますが、肉眼的にはほとんど目立たない程度になりました。
 
 

2)脂漏性角化症

表皮の加齢性変化による良性腫瘍で、20歳代から発症し、中高年以降はほぼ全ての人に見られます。顔面・頭部・体幹などに生じ、「褐色~黒褐色、表面が角化物でザラザラ、乳頭状の形態」の隆起性病変です。
数ヶ月の内に掻痒感を伴い脂漏性角化症が多発した場合には、内臓悪性腫瘍(胃癌など)の合併に注意が必要となります。
 
 

3)乳頭腫

血管成分を含むために赤色〜ピンク色の光沢があり、乳頭状の凸凹を伴う良性腫瘍です。20-30歳代に多く、多発することが多いです。50歳以降では1ヶ所のみに見られるようなケースが多いです。
ヒトパピローマウイルス(HPV)6&11型との関連性が指摘されていて、手術で取り除いても再発することが多い腫瘍です。
下記の写真は乳頭腫の切除を行なった症例ですが、切除後1週間の傷口は徐々に綺麗になってきており、さらに時間が経過すれば傷口は目立たなくなります。
 

治療方法

いずれの腫瘍においても、眼瞼(まぶた)に麻酔を行った上で、腫瘍よりも一回り大きくまとめて切除摘出します。摘出後の腫瘍は、悪性腫瘍でないかの確認のために病理検査に提出することが多いです。
病変が小さい場合には、傷口を縫ったりすることもなく、抗菌薬の眼軟膏を塗るだけで傷口が自然に治るのを待ちます。病変が大きい場合には、傷口の縫合が必要となります。
切除摘出しても一部腫瘍が残存してしまったり、腫瘍が再発してしまうこともあるので、メリットとデメリットを考慮した上で治療を行うことになります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME