メニュー

二重に見える(複視)

二重にみえる(複視)時には、両眼で見た時に二重に見えるのか、片眼で見た時に二重に見えるのかで症状が異なります。どちらのタイプの複視なのか、片眼ずつ目隠しをした時の見え方を比較してみて下さい。
 

両眼で見た時に二重に見える場合

片眼ずつ見ると問題なく見えるのに、両眼で見た時に二重に見えてしまう場合です。人間は両眼で一つのものを同時に見ることによって物を立体的に見ることができますが、左右の眼を動かす筋肉のバランスが悪くなることで1つの物を同時に見ることができなくなってしまい二重に物がみえてしまいます。
 
<考えられる病名>
斜視
複視の原因として最も多いです。眼の位置が外側に寄ったり(外斜視)、内側に寄ったり(内斜視)する状態です。疲れた時などに一時的に症状が出現するだけなら、特に治療は必要ないことが多いです。複視の状態がずっと続いてしまうような場合には、プリズム眼鏡(眼の位置を補正するための眼鏡)や斜視の手術が必要になります。
 
外眼筋麻痺
眼を動かすための筋肉(外眼筋)が麻痺してしまった状態です。外眼筋を動かすための神経に異常をきたした状態で、「脳動脈瘤・脳出血・脳腫瘍」などの重大な病気の一症状であることもあり、頭のCT検査やMRI検査などの画像診断が必要となります。他にも、糖尿病の方で一時的に外眼筋が麻痺する場合や、特発性(原因がはっきりせず自然に治ってしまう)のこともあります。
 
甲状腺眼症(バセドウ病)
眼を動かすための筋肉(外眼筋)が腫れて動きにくくなってしまった状態です。眼球突出(眼球が前に飛び出ている)、眼瞼腫脹(まぶたのはれ)、結膜充血や浮腫(白目が充血したり腫れたり)などの症状を伴います。甲状腺の病気であるバセドウ病の一症状として出現することもあり、動悸や息切れなどの症状を伴います。
 
 

片眼で見た時に二重に見える場合

<考えられる病名>
白内障
白内障が進行すると、片眼で見た時に物が二重・三重に見えたりします。視力の低下も伴っていることが多いです。手術が必要な状態か眼科での精査が必要です。
 
乱視
乱視を補正するような眼鏡やコンタクトレンズの装用により症状の改善が望めます。但し、乱視の中には不正乱視といって眼鏡やコンタクトでは症状の改善を行うのが難しいものもあります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME