メニュー

ドライアイ

ドライアイとは、目の表面をうるおしている涙の量が少なくなることで、目の渇きや目の違和感(ゴロゴロする、ヒリヒリする)などを感じる病気です。涙の不足により眼の表面が傷ついてしまうと、視力の低下を生じることもあります。

ドライアイの原因には様々なものがありますが、パソコンやテレビなどを長時間見るような生活では、まばたきの回数が減り涙が蒸発しやすくなるためドライアイを生じやすくなります。また、コンタクトの長時間の使用も目の表面の涙のバランスを損なうためドライアイになりやすいです。

ドライアイの診断のためには、目の表面に特殊な薬(フルオレセイン)をつけて、涙を見えるようにして、涙の安定性を確認します。

 

ドライアイの治療

①点眼治療

ドライアイの治療の基本は目薬になります。目薬には、「ヒアルロン酸の点眼、ジクアス点眼®︎、ムコスタ点眼®︎」などの複数の処方薬があるため、患者様の症状に応じて使い分けます。

また、薬局で買える目薬の中では、涙液の成分に近い性質を持つソフトサンティア(参天製薬)がよく使用されます。

 

②涙点プラグ

点眼だけでもドライアイ症状が改善しない場合には、涙点プラグという方法があります。

涙は、涙腺という部分で作られて目の表面を潤した後、涙点(上涙点・下涙点)という部分に流れこみ、最終的には鼻の方に流れていきます。目薬をした後に、喉の奥に苦味を感じるようなことがあるのは、このように涙が鼻の方から最終的にのどの方へと流れていく経路があるためです。

涙点プラグは、目の表面から涙が流れ出ていく涙点をふさぎ、涙を流出しにくくすることで目の表面をうるおす治療方法です。

 

涙点プラグにもいくつか種類がありますが、当院ではキープティアという製品を用いており、コラーゲンを涙点から注入する治療方法を行なっております。

 

マイボーム腺機能不全(MGD)、マイボーム腺炎

ドライアイの原因の1つにマイボーム腺機能不全という状態があります。まぶたの縁(眼瞼縁)には、目の表面の涙が乾かないように油分(脂質)を分泌している組織があります。このマイボーム腺からの油分の分泌が悪くなると、涙が蒸発しやすくなりドライアイの状態に至ります。
また、油分が詰まったマイボーム腺内には炎症が起こりやすくなり、眼瞼縁に炎症を生じると目の周囲の違和感や不快感を感じることがあります。

上記の写真では、マイボーム腺の出口部分において油分が詰まって白く固まっているのが分かります。また、マイボーム腺開口部付近の瞼縁は炎症を起こして充血している所見も認められます。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME