メニュー

ゆがんで見える(歪視)

直線状や格子状のものを見た時に、線がゆがんで見える状態を歪視(わいし)といいます。歪視は、網膜の中心部である黄斑の構造が、様々な病気によって乱れてしまうことによって生じます。
 
 

<考えられる病名>

網膜の中心部分に異常な血管(新生血管)が生えてきて、網膜内に出血や浮腫が生じることで、黄斑の構造が乱れてしまう状態です。視力低下や歪視の症状を自覚します。抗VEGF薬の硝子体内注射によって、新生血管の勢いを抑えることが重要となります。
 
網膜の中心部である黄斑に、異常な膜が張ってしまう状態です。黄斑前膜が網膜を引っ張ることで網膜の構造が乱れ、視力低下や歪視の症状を自覚します。硝子体手術によって、異常な黄斑前膜を取り除く治療が必要となります。
 
網膜の中心部である黄斑に、穴が空いてしまう状態です。特に原因がなくても穴があいてしまう場合や、外傷に伴って穴があく場合があります。硝子体手術によって、眼の中の硝子体を取り除いて、眼の中にガスを入れる治療が必要となります。
 
網膜の下に漏出してきた水分が溜まることで、網膜が剥がれてしまった状態です。中年の男性に多く発症します。喫煙、ストレス、ステロイドの内服などが発症の危険因子とされています。自然に治る場合もありますが、病気の経過によってはレーザー治療が必要になります。
 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME