メニュー

当院の日帰り手術

[2022.03.26]

こんにちは!

早いもので、開院から二ヶ月が経過しようとしております。

ありがたいことに、早速たくさんの患者様にご来院頂き、皆様のお力になれていることを大変嬉しく思っております。

当院では2022年3月現在、毎週10件程度の白内障手術、2−3件程度の硝子体手術、7−8件程度の眼瞼手術を行っています。手術を希望される患者様が多くいらっしゃいますので、予定の枠を増やして、なるべく手術までお待たせしないような体制にしたいと考えています。

当院の日帰り手術の特徴は硝子体手術に対応しているということです。硝子体手術は眼の奥の手術で、非常に専門性が高く、執刀できる医師は眼科医の中でも一握りです。硝子体手術に対応していることで、網膜剥離や網膜前膜などの網膜の病気を治療できるのはもちろんのこと、難治性の白内障手術に対応することができます。これにより、一般的には大学病院などの大きな病院で治療を受けなければならない、難治性白内障や網膜硝子体疾患のある患者様に対しても、当院にて日帰りで治療を行うことができ、患者様の負担を大きく減らすことができると考えております。

院長の渡辺は東京医科歯科大学病院眼科の非常勤講師を兼任しており、同大学病院での手術指導を担当しております。

「大学病院レベルの手術を新小岩で」をスローガンに、今後も患者様の気持ちに寄り添った高いレベルの医療を提供していきたいと思います。眼に関することであれば、どんな些細なことでもご相談ください。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME