メニュー

網膜硝子体手術

硝子体とは、眼の容積の大部分を占めるゼリー状の透明な組織で、眼球の形態を保持しています。また、硝子体の奥には網膜があり、網膜に光があたり視神経を通して脳に情報が伝わることでものを見ることができます。
 
 
この硝子体自体が、出血やその他の原因によって濁ってしまった場合には、硝子体手術によって濁った硝子体を取り除くことが必要となります。また、網膜に異常な膜がはった場合や網膜に穴が開いた場合にも、硝子体手術によって硝子体を取り除いた後に網膜に対して必要な治療を行います。難治性の白内障の治療や、白内障手術で合併症が起きた際にも硝子体手術を行うことがあります。
 
手術は日帰りで行い、硝子体手術が必要なほとんど全ての疾患に対応することができます。しかし、入院での手術が必要な病態もあり、その場合には専門の医療機関にご紹介させて頂きます。
 

硝子体手術機器

当院では、大学病院や基幹病院で使用されているAlcon社の『Constellation』という機械を用いて硝子体手術を行います。顕微鏡はZeiss社の『Lumera 700』という最高水準の機器を導入し、広角眼底観察システム『Resight』を取り入れることで、高精度で安全な手術環境を提供します。
 
 

硝子体手術の適応となる疾患

硝子体手術が必要となる疾患には下記があります。詳しい病態については、それぞれの病名のページをご参照下さい。
 
1)黄斑前膜(網膜前膜):網膜の表面にできた異常な膜により、網膜が歪んだ状態。
2)黄斑円孔:網膜の中心部分に穴が開いた状態。
3)網膜剥離:網膜の周辺部にできた穴から網膜が剥がれた状態。緊急での治療が必要になることが多いです。
4)硝子体出血:眼内の出血で、「糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症・加齢黄斑変性」などの様々な病気により生じます。
5)眼内レンズ脱臼・落下:白内障手術で眼の中に入れた眼内レンズの位置がずれてしまった状態。眼内レンズを摘出して、新しいレンズを再固定する必要があります。
 

硝子体手術の方法

1)麻酔
麻酔は目薬の麻酔と、眼の奥に注入する麻酔(球後麻酔)を併用します。
2)器具挿入の準備
白目の部分に手術器具を挿入するための小さな穴を3カ所あけます。1つ目は、手術中に眼球の形を維持するために眼内に灌流液を流すためのもの、2つ目は手術中に眼の中を観察するための照明を入れるもの、3つ目は硝子体を取り除くために必要なカッターや眼の奥の操作に必要な鑷子(せっし)などの器具をいれるためのものになります。
3)硝子体の切除
硝子体カッターにて、硝子体を切除しながら吸引します。硝子体がなくなったスペースには灌流液が流れこむことで、手術中に眼球の形状が維持されます。
4)疾患に応じた治療
黄斑前膜では、網膜の表面に付着した異常な膜を鑷子で剥がします。
黄斑円孔では、網膜の表面の膜を剥がした後に、眼の中に空気(ガス)を入れます。
網膜剥離では、剥がれた網膜を元の位置に戻した後に、網膜剥離の原因となった穴の周りにレーザー照射を行い、最後に眼の中に空気(ガス)を入れます。
硝子体出血では、出血を取り除いた後に、出血の原因により病変部に対してレーザー治療が必要となります。
5)創口の閉鎖
器具の挿入のために開けた穴を閉じて終了となります。
 

白内障との同時手術について

硝子体手術を行う場合には、白内障手術を同時に行うことが多いです。
白内障がある状態では硝子体手術の際に視認性が落ちてしまう上に、硝子体手術のみを行った場合には1-2年以内に白内障が進行して改めて手術が必要になることが多く、手術の負担を減らすという目的もあります。
しかし、若い人では白内障手術を同時に行うことによって、術後に老眼(手元が見えにくい)になるデメリットもあるため、患者様ごとに治療方針については相談させて頂きます。
 

医療機関の皆様へ

網膜剥離や白内障手術時の核落下など、緊急性が高い患者様をご紹介頂く際には、大変お手数ですが事前にお電話にてご連絡を頂けますと幸いです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME