メニュー

外眼部手術

当院で行っている外眼部の手術には下記のものがあります。

気になる症状でお悩みの方は、お気軽に当院までご相談下さい。

 

1)麦粒腫(ものもらい)、霰粒腫 

2)翼状片 

3)眼瞼腫瘍 

4)眼瞼下垂 

5)眼窩脂肪ヘルニア 

 

麦粒腫(ものもらい)、霰粒腫

麦粒腫:まつ毛の毛根やマイボーム線(眼の表面へ脂を分泌する組織)に細菌の感染が起こることで、眼瞼の縁が痛みを伴って腫れてしまった状態です。抗菌薬の目薬や軟膏で治療を行いますが、腫れがひどくなってしまった場合には、針で穿刺して中身の膿を出してあげる(排膿)が必要となります。

霰粒腫:マイボーム線に炎症が起こって腫れてしまった状態です。ステロイドの目薬や軟膏で治療を行いますが、腫れがひどくなってしまった場合には、切開して炎症の塊を排出することが必要となります。

▶︎詳しくはこちらへ

翼状片

通常は角膜(黒目)と結膜(白目)の境界はしっかり分かれていますが、結膜下の組織が異常に増殖して角膜と結膜の境界線を乗り越えて、角膜内に侵入してくる病気です。鼻側の角膜に生じやすいです。原因は不明ですが、紫外線との関連性が指摘されています。

軽度の翼状片であれば、見た目(整容面)の変化があるだけで、視力などには影響はないので、特に治療の必要はありません。しかし、翼状片が中央付近まで増殖して視力低下があったり、異物感や刺激感がある場合には手術によって翼状片を取り除くことが必要となります。

▶︎詳しくはこちらへ

眼瞼腫瘍

眼瞼(まぶた)には様々な腫瘍ができます。多くは良性の腫瘍で、長年の経過でもほとんど大きさが変化しないものであり、そのまま様子をみていても問題ありません。しかし、見た目が気になる場合には摘出術を施行致します。

腫瘍が徐々に大きくなってくるような場合には、悪性の腫瘍で全身への影響を与える可能性もあるので詳しい検査が必要になる場合もあります。

▶︎詳しくはこちらへ

眼瞼下垂

上眼瞼(うわまぶた)が下がってきて、瞳孔(光の通り道)を覆ってしまうようになると、意識的に目を開くようにしないと見えにくくなってしまいます。加齢性の変化によって上眼瞼の筋肉が弱ってしまうことが原因のことが多いですが、その他にも動眼神経麻痺、重症筋無力症など全身の病気の一因として生じることもあるため注意が必要です。

当院では保険診療での手術になるため機能的な面での改善(視界を遮っていた上眼瞼の位置を上げてあげることで見えやすくする)が目的となります。整容面での改善(見え方は困っていないが、もう少し上眼瞼の位置を上げたり、二重瞼を作りたいなど)をご希望される方は、自由診療で眼瞼下垂の手術を行っている医療機関への受診をご検討下さい。

 

眼窩脂肪ヘルニア

本来は眼球の奥にあるはずの脂肪組織が、眼の前の方に出てきてしまっている状態です。加齢が原因であることが多いです。黄色の柔らかそうな腫瘤性の病変が、結膜の向こう側に透けて見えます。両眼性に眼の耳上側に生じることが多いです。

時間がたつと徐々に奥から脱出してくる脂肪の量が増えるため、徐々に腫瘤性の病変は大きくなります。腫瘤による異物感を感じたり、見た目が気になるようになったら、手術適応です。

▶︎詳しくはこちらへ

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME