メニュー

ゴロゴロする(異物感)

眼の表面がゴロゴロするような場合には、様々な病気が考えられます。
 

<考えられる病名>

眼の表面を潤している涙の量が少なくなることで、目の渇きや眼の違和感(ゴロゴロする、ヒリヒリする)などを感じる病気です。涙の不足により眼の表面が傷ついてしまうと、視力の低下を生じることもあります。目薬により眼の表面を潤す治療が必要となります。
 
異物(角膜異物、結膜異物)
眼の表面に入った異物がこすれたり、異物が取れても眼の表面が傷ついたことで痛みや違和感を感じます。異物の残存がある場合には、点眼麻酔をした上で異物を除去します。また、眼の表面についた傷については目薬で治療を行います。
 
結膜炎
アレルギーや感染症により、結膜(白目)が充血したり、まぶたが腫れたりもします。結膜炎の原因に応じて、適切な治療を行うことが必要です。
 
まぶたの縁(眼瞼縁)には、眼の表面の涙が乾かないように油分(脂質)を分泌している組織があります。このマイボーム腺からの油分の分泌が悪くなると、涙が蒸発しやすくなってドライアイの症状を感じます。
また、油分が詰まったマイボーム線内には炎症が起こりやすくなり、眼瞼縁に炎症を生じ眼周囲の違和感や不快感を感じることがあります。下記の写真は、マイボーム線の出口部分において油分が詰まって白く固まった所見です。
 
 
逆さまつ毛(睫毛乱生)
まつ毛は通常であれば、外側の方向へ生えていますが、内側の方向へ生えてしまうことで眼の表面をこすってしまっている状態です。眼の表面の傷が軽度であれば、定期的にまつ毛を抜いたり、目薬で眼の表面を潤す治療を行います。眼の表面の傷が高度の場合には手術治療が必要になる場合もあります。
 
 
 
 
 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME