メニュー

ウイルス性結膜炎

様々なウイルスの感染により結膜炎が起こりますが、アデノウイルスによる流行性角結膜炎(はやりめ)が代表的です。激しい白目の充血、涙目、目の痛みなどの自覚症状があります。
感染力が強く、目やにや涙を介して感染します。片眼に発症した場合には間もなく両眼に発症してしまったり、家族内で1人が感染すると家族全員が発症してしまうこともあります。保育園、幼稚園、学校に通っている場合には出席停止となります(学校保健安全法)。大人の場合にも、職場の内規などで出勤停止が義務付けられている場合があります。
 
アデノウイルスを検出する診断キットで陽性になると確定診断となりますが、感度(実際に感染していて陽性になる確率)は70%程度であり、陰性でも他の症状を考慮して陽性の場合に準じて治療を行います。
 

<治療>

アデノウイルスの感染を消失させるための有効な薬がないため、炎症をおさえるためのステロイド点眼、弱っている状態の眼に他の細菌が感染するのを防ぐための抗菌薬点眼にて治療を行います。2週間程度経過すれば、体の免疫力により症状は落ち着いてきます。
 
炎症が強く生じた場合には、下記の写真のように白色の膜(偽膜)が下まぶたや上まぶたをめくったところにべったり付着することがあります。この偽膜は点眼治療だけでは改善しないので、点眼麻酔を行なった上で除去することが必要となります。
 
ウイルス性結膜炎はありふれた病気ではありますが、炎症が強く起こってしまった場合には、治った後にも角膜に混濁(角膜上皮下混濁)が残ることがあるため、眼科で適切な治療を行うことが重要となります。
 

<生活上の注意点>

アデノウイルスによる結膜炎と診断されたら下記に気をつけましょう。
・感染力が続く2週間以内は、できるだけ他の人との接触を避ける。
・眼をさわった後は、すぐに石鹸と流水で手洗いをする。
・家族内で、タオル・枕などを共用で使うことは避ける。
・入浴は家族内で最後に入り、お風呂の残り湯を洗濯などに使わないようにする。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME